山口善生作陶展が始まりました

イベント情報
03 /03 2017
今朝早くから始まった搬入も終了し、山口善生作陶展が始まりました。

本日はお雛様の日。曇ったり晴れたり小雨が降ったりと目まぐるしく天気が変わる、いかにも富山の初春らしい天気です。
パッと日が差すと晴れやかな気分になって、土の中から冬ごもりしていた虫がごそごそ這い出すように、何かを始めたくなりますが、土から顔を出してみると意外に寒くてすごすご這い戻ってしまうような、そんな感じです。

さて、それでも季節は巡り来て、春は確かにやってきます。

6804.jpg

山口さんの作品がずらりと並んだ店内です。

6802.jpg

6799.jpg

新年度の準備などを少しずつ始めるこの季節。店主の故郷では、3月が新しい年のはじまりです。
今まで日常の中に作家さんのつくる焼き物を取り入れたことがなかった方にも、ぜひこういった一つの区切りの季節に、何か一つ暮らしの中に取り入れてみていただきたいなと思います。
巷にはいろいろな品が溢れていて、次から次へと流行ったり廃ったりしていきますが、思い切って一つ手に入れてみた、匠の技で手間暇かけて作られた品は、日常を少し豊かにしてくれます。
そうやって少しずつ良いものを暮らしの中に取り入れていくうちに、気がつくといつもの日常が、金銭では測れない豊かさをもったものになっていることに気づく。
良い作り手によって作られた品には、そんな力があるような気がします。作品をそっと掌で包み込んだとき、規格品とは違う息吹のようなものが感じられると思います。
それは素材の力であり作品を焼成した火の力であり、作品にイノチを吹き込んだ作家の力であり・・・
そういう品を、この小さい裏道にあるギャラリーで、少しずつご紹介していけたらなと思っています。

さてさて、前置きがまたまた長くなってしまいましたが、ぜひ山口さんの作品がずらりと並ぶこの機会に、アリアナにお運びください。

6801.jpg
かわいい子たちが玄関でお迎えしてます(^ω^ ≡ ^ω^)


3/3(金)~12(日)〈8日(水)定休日〉 
山口善生作陶展

金沢・医王山の土、戸室石、
草木灰等を素材に使用した器
薪窯で約4日間焼成した自然釉の器 など…
自然素材のおもしろさを匠の技で引き出した
作品の魅力をぜひご高覧ください。
◆山口氏の手による翡翠の勾玉も展示販売いたします

コメント

非公開コメント

ariana

手織りキリム・絨毯専門店+ハンドクラフトショップ・ギャラリー
不定期にハンドクラフトやアートの展示会、ワークショップを開催してます
Ariana Kilim&Art Gallery
930-0966 富山県富山市石金1-10-1
☎076-491-3465
E-mail:arianakilim@gmail.com