FC2ブログ

陶芸家・山口善生さんとつくるオリベ釉の器

イベント情報
02 /12 2017
DSC_0408.jpg

昨年末はほとんど雪も降らず、大雪という「カメムシ予報」は当たらないのでは、と思っていたのですが、今年に入ってからはよく降りますね。思い切り積もらず、数日で融けるのが幸いですが・・・。

さて、ボーンと頭から斜めった写真を載せてしまいましたが、こちらは以前アリアナ店主が「山口善生さんの陶芸ワークショップ」でつくった鉢です。上の方にちょろっとついているうねうねした線は、失敗ではなくペルシャ語のサインです。(何が書いてあるかは何度聞いても忘れます)もしかして、以前もこちらのブログに写真を載せたことがあるかもしれません。
この作品をつくってから1年くらいたったでしょうか。作ってからしばらくは、何となくもったいないような、本人がまず使ってくれないと使いにくいような、という感じで、食器棚に飾られていたのですが、一度使ってみると、使いやすい大きさ兼、初心者の作品らしさがまたなんとも表現しがたい味わいとぬくもりを醸し出し、今では白和えを入れたり煮物を入れたり、さらにはお昼のうどんの器として、毎日のように使う愛用の品と化しています。

手作りの品と言うのは、あまり上手な出来ではなくても、何とも言えないぬくもりがあるものです。子供のとき、身体の痛い場所にお母さんが手を当てていてくれたら痛みが不思議に引いていった。そんな経験をお持ちの方もおられるのではないでしょうか。手のもつ不思議な力。それは手作りの品にも宿るのではないかと思います。

また、おててで土を捏ね捏ねしていると、土に宿る大地の力、自然の力が手のひらから入ってくるのでしょうか。心と体が不思議に癒されてくる感じもいたします。

さて、そのような「土と触れ合う」手づくりの時間を再びアリアナで体験していただこうと、3月3日(金)~12日(日)まで開催する「山口善生作陶展」の会期中に、オリベ釉の器を作るワークショップも行います。

この深い緑は、陶芸家・山口善生さんが手作りしたケヤキ灰のオリベ釉の色です。お料理が映えますよ(^∇^)

oribews201703.png

お申し込みの受付、開始しています。参加ご希望日の前日までにお申し込みお願いいたします!!


コメント

非公開コメント

ariana

手織りキリム・絨毯専門店+ハンドクラフトショップ・ギャラリー
不定期にハンドクラフトやアートの展示会、ワークショップを開催してます
Ariana Kilim&Art Gallery
930-0966 富山県富山市石金1-10-1
☎076-491-3465
E-mail:arianakilim@gmail.com