FC2ブログ

『アルスラーン戦記』と2017年イランの旅

ショップ紹介・お知らせ
01 /06 2017
 最近田中芳樹さんの『アルスラーン戦記』にハマっています。
 昭和61年に初版が発行されていますから、もう何十年も続いている人気作品で、映画化や最近ではアニメ化もされているようです。名前は知っていて興味はあり、タイトルの「アルスラーン」という名前もなんとなく馴染みがあると思っていたのですが、なかなか読む機会がなかったところ、最近ちょっと縁があり、読んでみることにしました。
 第1巻のページを開くと「中世ペルシアによく似た異世界の国パルスの物語」だということが書いてあり、なるほど、馴染みのある名前だと納得。中を読み進めると、「ここに出てくる地名はあの辺だな」とかいろいろあって、面白いのですが、それ以上に読みやすく、しかも読み応えがあり、冬の日の気晴らしにはもってこいです。久々に時を忘れて読みふけってしまう本に出会いました。

 さて、この本の中には馴染みのある地名や言葉がたくさん出てくるのですが、その中に敷物をあらわす「ゲリム」という言葉が出てきます。「ゲリム」というのは、アリアナが取り扱っている「キリム」のことです。「ゲリム」はイランの呼び名。「キリム」はトルコの呼び名で同じように平織の織物を指しています。トルコから西方に伝わったので「キリム」という名称が一般的になったのでしょうか。ちょっと違いますが、トルコ石は実はトルコでは産出されず、イランなどで採れたものをトルコ商人が西側と取引したので「トルコ石」と呼ばれるようになったという話と同じように、トルコ商人が主に西側と取引したので「キリム」の方が一般的になったのかもしれませんね。
 この本の中で「ゲリム」という言葉が使われていたのがなんとなく嬉しくて、ご紹介してしまいました。アニメのキャラクターの絵はどうも私にはしっくりこないのですが、本は挿絵も素敵です。大河ファンタジーがお好きな方はぜひお試しください。

DSC_0503.jpg


 さてさて、アルスラーン戦記にハマっているからというわけではないのですが、アリアナ店主は1月16日(月)~26日(木)までイランへと旅立ちます。富山に戻るのは27日(金)です。今回はショップはお休みさせていただきます。28日(土)から通常営業を再開する予定です。
 
 渡航前は1月15日(日)まで営業しておりますので、キリムや絨毯、クッション、ギャッベなどを見に行ってみようかな~とお考えの方は、ぜひ渡航前にご来店ください(^-^)/

 ちなみに私は登場人物の中で「ファランギース」という名の女神官が大好きです。「ファランギース」は実際にイランでは一般的な女性の名前だそうですが、現在ではちょっと古めかしい名前のようですね。

コメント

非公開コメント

ariana

手織りキリム・絨毯専門店+ハンドクラフトショップ・ギャラリー
不定期にハンドクラフトやアートの展示会、ワークショップを開催してます
Ariana Kilim&Art Gallery
930-0966 富山県富山市石金1-10-1
☎076-491-3465
E-mail:arianakilim@gmail.com