今日の駐車場

イベント情報
10 /22 2017
予報通りの雨ですが、台風は今晩本州に接近するようですね。

本日22日㊐は、地鉄線路脇に借りている駐車場の8番と10番のほかに、12番もお使いいただけます。
8番と10番にはアリアナと書いた黄色い札が掛けてあります。駐車場の左隅です。
12番は10番の2つ右隣です。

駐車場へは、踏切とグリル不二軒さんの間の細道からお入りください。

足元が悪いですが、お気をつけてお越しください

皆様のお越しをお待ちしております(^∇^)ノ

photo_2017-10-22_09-56-12.jpg

明日はカフェの2日目です

イベント情報
10 /21 2017
本日は「本郷葉子のガラスとオールドキリム」開催中のカフェイベントの1日目でした。

比較的静かに過ぎて行った1日ですが、その分何人かのお客様ととても楽しく有意義なおしゃべりの時間を持つことができ、いろんなことを教えていただきました。

photo_2017-10-21_22-28-50.jpg


明日はカフェの2日目、そして衆院選の投票日です。

明日の朝は投票権の無い店主や子どもたちの分も、今まで通り自由で、また、より多様性を認め合える、そして格差が是正され貧困の無い、そんなより良い社会になることを祈って。そしてこれからも、店主が大好きな「平和な国日本」でいられるように、開店前に一票を投じてきたいと思います。

明日は雨降りの一日。台風が接近しているようなので、皆さまお早めに投票に行かれた後は、アリアナ2days Cafeでぜひまったりとお過ごしください。お待ちしております!!

今日のスイーツのお知らせ

イベント情報
10 /21 2017
本日10/21㊏、10/22㊐は2日間の限定カフェ、Ariana 2days Cafeです。

今日のスイーツメニューは「プレーン・ライスプディング」と「ドライいちじくとレーズンのラム酒付け×フレッシュアップルのバターケーキ」です。

一昨日、割とこだわり商品を揃えている近所のスーパーで「イラン産の農薬や化学肥料を使用していない」グリーンレーズンを見つけ、思わず購入し、長野産のドライいちじくと一緒にラム酒に漬け込みました。

定番のお豆やお野菜と豆乳スープも温かく仕上がってます。

是非遊びにいらしてください。(^-^)/

photo_2017-10-21_10-31-12.jpg

カフェメニューはこちら


オールドキリムの魅力をご紹介しています

イベント情報
10 /20 2017
今回の展示会は、本郷さんのガラスと一緒にオールドキリムの魅力もご紹介しています。

「オールドキリムとは何ぞや?」
という方に
直訳すると「古いキリム」とそのままなのですが、古ければ良いというものでもありません。
アリアナでご紹介しているオールドキリムは、天然素材を使用し、紡ぎから織りまで手作業でつくられた上質のキリムで、織られてから40~60年ほどの年月が経ったものです。
(まれに化学染料が一部の色に使われている場合もあります)

織られた時とほとんど変わらず、色だけが深みを増したもの、よく使い込まれて修繕が施されたもの、形が少し変形しているものなどいろいろな状態のものがありますが、どれも新品の物とは異なった、年月を経た魅力があります。

キリムの故郷のイランでは、女性への褒め言葉に「ペルシャ絨毯のような」というのがあるそうですが、これはペルシャ絨毯のように美しいというだけでなく、年月を経るともっと魅力が増すという意味も含まれているようです。
歳月を経ても魅力的であるものは、もともとの質が高いものです。
質が高いものに時の記憶が刻まれていくと、新しいものにはない魅力が加わります。
魅力的な人の人生が興味深いように、キリムに刻み込まれた年月も興味深いものです。

魅力的なオールドキリムを見つけたときは、同じものは決して手に入らないので、可能な限りコレクトするようにしています。
今回は、時を刻み込んだ「オールドキリム」というテーマでご紹介しています。

オールドキリムたちの詳しいお話は、ぜひご来店してお聞きください

昔の面影が消えてしまった「BUINZAHRA」という村のキリム(60年以上前)
photo_2017-10-20_17-04-50.jpg
このように良い状態で残されているものは珍しいです。
あまりお見せすることは無いのですが。今回は、オールドキリムの展示会なので、広げて置いてあります。

photo_2017-10-20_17-13-57.jpg

なかなかオールドキリムをまとめてお見せすることが無いので、ご興味のある方はぜひこの機会にお出で下さい。



21日㊏、22日㊐は2days Cafeも開催いたします。
是非秋のひと時、カフェで(*´ω`)しながら、時を映し出すガラスと時を刻み込んだオールドキリムの魅力をお楽しみください

カフェのメニューはこちらのページをご覧ください

明日から展示会です~硝遊舎・本郷葉子さんの紹介

イベント情報
10 /18 2017
明日から本郷葉子さんのガラスとオールドキリムの展示会を開催します。

本日は搬入でした。

そういうわけで、ガラス作家・本郷葉子さんのご紹介です。

硝遊舎・本郷葉子さんは東京出身で富山市在住のガラス作家さんです。

photo_2017-10-18_17-16-08.jpg
搬入中の本郷さん

プロフィール
1988 東京ガラス工芸研究所卒業
1989 Steve Tobin Studio(米・ペンシルベニア州)にて研修
1990 東京ガラスアート展佳作受賞
1991 Be美展(福井)池田満寿夫賞受賞
1992 国際ガラス展金沢入選
1993 国際ガラス造形展’93(東京)
    ART/EXPO富山(富山県民会館)
1997 東京ガラス工芸研究所展(日本橋丸善)
2000 タイと日本の現代美術展(富山県民会館)
その他、ギャラリー等で展示会多数開催

土を触るのがお好きだった本郷さんは美術系の高校で彫刻を学んでおられた当時、「透明な彫刻は作れないか」と思ったそうです。
そこで卒業後、東京ガラス工芸研究所でガラス製作を学び、この世界に入られました。

お話を伺って、本郷さんのガラス作品は、グラスもお皿も花活けも、彫刻に通じる雰囲気があるなと気付きました。
でも、彫刻と異なるのは、透明なので、ぽってりとしたガラスのたまりの中に屈折した光や景色が留められ、不思議な表情を見せてくれること。

これが本郷さんの作品の大きな魅力です。
見る角度や光の具合で、ガラスの中に写しこまれる景色が変わるので、普段使いしていても、いつも新鮮な驚きがあります。
ちなみに、本郷さんは写真を撮影するのもお好きです。
共通するのは「時を写し込んだり 光を留めたりする楽しさ」ですね。

photo_2017-10-18_17-20-44.jpg


「風と水を題材に 透明なガラスで表現を続ける」本郷葉子さんの世界を、覗き込んでみませんか


「本郷葉子のガラスとオールドキリム~時を映し出すもの 時を刻み込むもの~」
10/19㊍~10/29㊐ (10/25㊌定休日)
10/21㊏、22㊐ Ariana 2days Cafe 同時開催
※本郷葉子さんは、基本的に会期中は午後からいらっしゃる予定です

愛用のグラスの話

日々の出来事など
10 /16 2017
photo_2017-10-16_21-13-25.jpg

今日は、今週始まる展示会のDMの切手貼りをいたしました。

DMと一緒に写っている2つのグラスは、我々が何年も愛用している本郷葉子さんのグラスです。
家でお酒を飲むときは、ビールでもワインでも日本酒でもカクテルでもこれを使います。

ガラスって硬質で冷たいイメージですが、本郷さんのグラス「山笑う」は、その名の通り、手のひらで包み込むと、のどかな温かささえ感じられるような作品です。

ふうわり優しく手のひらに馴染む感じも愛しくて、このグラスで飲むときは幸せな気分になります。

同じものはできないということですが、そこからまた、自分の手に馴染んだものは、まるで自分のために作ってもらえたような、そんな嬉しさを感じてしまいます。

ですので、うちに遊びに来てくれた友人にもお出しすることはありません(笑)。

使い込んだ年月の記憶を、ガラスの厚みの中にしまい込んでくれているような、そんな愛用グラスの話でした。

次回はガラス作家本郷葉子さんのプロフィールなどをご紹介します(^-^)/



「本郷葉子のガラスとオールドキリム~時を映し出すもの 時を刻み込むもの~」
10/19㊍~10/29㊐ (10/25㊌定休日)
10/21㊏、22㊐ Ariana 2days Cafe 同時開催

10/21(土)、22(日)は2days cafeです

イベント情報
10 /15 2017
10/21(土)、22(日)に開く予定の2days Cafeのメニューが決まりました。

とはいえ、そんなに前回と大差はありません。
ご好評いただいている店主のスープやイランのライスプディングも今まで通りにご提供する予定です。
今日、リンゴでホームメードケーキの試作品を作ってみましたが、なかなかしっとり美味しくできあがったので、今回はリンゴにしようか、前回と同じくイチジクにしようかと迷っています。

そんな感じで、今回のメニューです
cafe menu

カフェは10/19(木)~29(日)に開催する「本郷葉子のガラスとオールドキリム」の会期中に開きます

是非遊びにいらしてください



ところで、カフェの2日目10/22(日)は衆院選投票日です。
Twitterで見たのですが、フランスの投票率は毎回約80%で、東京のフランス大使館前でも投票のために朝から大行列ができるそうです。
私たちの暮らす日本がより良い国になるように、これは見習いたいことですね(o^―^o)

「酒蔵アートin なめりかわ」に行ってきました

日々の出来事など
10 /12 2017
定休日だった昨日は、陽気に誘われて(というか、暑すぎましたが・・・)滑川まで行ってまいりました。

ホタルイカミュージアムのある滑川。
海沿いの街独特の色を持つこの街は、富山を舞台にした宮本輝さんの最近の作品の舞台にもなっていたような。

今回訪れたのは、ぼんぼこさという国登録有形文化財 旧宮崎酒造で開催されている「酒蔵アートin なめりかわ2017」という展覧会です。
↓クリックすると大きくなります
photo_2017-10-12_10-10-42.jpg
photo_2017-10-12_10-10-47.jpg


宮崎酒造さんは平成何年かまでは酒造りを行っていたということですが、この建物の内部を見せていただくだけでも十分楽しめます。
奥の方にはカフェがあり、美味しそうな和ランチも提供されていました。残念ながら今回は時間が早すぎて食べられませんでしたが、2階の窓からは広々と海が見渡せる贅沢なカフェタイムが楽しめます。新湊大橋も見えました。
既存の施設でも十分楽しめるなかに興味深いアート作品がたくさん飾られていて、のんびりと心ゆたかな時間が過ごせる場所でした。

photo_2017-10-12_10-13-38.jpg


私的には、この「ぼんぼこさ」さん周辺を散策してみるのもおススメです。
海がすぐ近くにあるし、街が懐かしい昭和の面影を残していて、郷愁がそそられます。

子供のころはこんなポストがありました。
これの方が絶対素敵だと思うんですが、なんで変えちゃったんでしょう。

photo_2017-10-12_10-10-28.jpg


オマケはこの看板。
仔豚の人口乳って何何??? 思わず写真を撮ってしまいました。
豚さんを飼育していた農家が多い地域だったんでしょうか。オモシロいです

photo_2017-10-12_10-10-38.jpg


「酒蔵アートin なめりかわ 2017」
10/10(火)~15日(日)
10:00~18:00(最終日は16:00まで)です

粟巣野のKAKIさんではもう薪ストーブを焚いていたので、絨毯の話題

日々の出来事など
10 /07 2017

photo_2017-10-07_21-43-03.jpg

本日店主は粟巣野のKAKI工房さんのOPENHOUSEにお邪魔してまいりました。

秋の粟巣野は良いですね。数年前にキリムも展示していただいたときには、お猿さんが出て、嬉しくて興奮しながら眺めていました。OPENHOUSEの会期中にはカフェの飲み物が半額になるので、一度行ってみたいと思っておられた方は、ぜひこの3連休(あと2日ですが)に素敵な秋を見つけに粟巣野へのドライブにお出かけになってはいかがでしょうか。
今回は、カナダ在住の陶芸家さんの作品も展示しておられます。

10月に入り、朝晩は肌寒くなってきました。KAKI工房さんではすでに薪ストーブが焚かれていたそうです。
平野部は、まだそれほどではありませんが、そろそろ温かい敷物をと思っておられる方も多いのではないでしょうか。

アリアナでは、キリムだけでなくノマディック絨毯やギャッベなども扱っています。
photo_2017-10-07_21-21-37.jpg

こんな色、こんな大きさのギャッベを探してほしい、というお客様のリクエストも受け付けています。
必ず見つかるとは限りませんが、できるだけご要望にお応えできるよう、頑張ってお探しいたします。
先日は、長年赤いギャッベをお探しだったお客様のリクエストにお応えして、美しい赤のギャッベを見つけることができました。
下の写真は、その時にご紹介した中の一枚です。
photo_2017-10-07_21-54-04.jpg

夏の間はしまい込んでいた絨毯を洗いたいと思っておられる方への、メンテナンスやクリーニングのご相談も受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください。
ギャッベは洗えないと諦めていた方も、ぜひ一度お問い合わせください。
ウールのセーターもクリーニングに出せば洗えるように、ウールの絨毯も洗えますよ。
スッキリきれいに洗った絨毯で、ほっこり温かい冬を迎えましょう。



KAKI OPENHOUSE
10/7㊏~9㊊
10:00~17:00
富山市粟巣野 ☎076-482-1433
カキさんのサイト


富山にマサイがやってくる! アフリカのトーク&ライブが開催されるそうです

日々の出来事など
10 /07 2017
9月に開催されたラテンフェスティバルでも、大トリで、その伸びやかな力強い美声を環水公園に響かせていた富山のボーカリスト・CHIKOちゃんが、そそられるトーク&ライブを企画しています。

「富山にマサイがやってくる!~アフリカを学ぶ~」 トーク&ライブwithCHIKO

マサイ族の青年リーダーと、その日本人の奥様。ケニヤと日本で活動するミュージシャンの方などが出演される予定で、なかなか聞けないような面白いお話や心が熱くなる音楽に出会えるのではないかと思います。

最近は、友人のコンサートにも行ってきましたが、全く知らないドイツ語の曲でも、素晴らしいものには心が揺さぶられるものだと実感しました。ぜひぜひ秋の夜長を素敵なトーク&ライブで楽しみましょう!

詳しくはこちら↓
photo_2017-10-07_11-11-37.jpg
photo_2017-10-07_11-11-42.jpg





「富山にマサイがやってくる!~アフリカを学ぶ~」 トーク&ライブwithCHIKO
10/20(金) 開演19:30~
会場:カフェ&雑貨suimie(スイミー) 富山市堀川小泉町793-10-2
料金:2,500円(フリードリンク付き)
ご予約:お問い合わせ:076-424-2212(スイミー)、080-5854-6862(チコ)


アリアナは、翌日から2dayscafeを開催する予定ですが、頑張って準備したあと参加して、元気をいただいてきたいと思っています。
Ariana 2 days Cafe 10/21㊏、22㊐ です。
本郷葉子さんのガラスとオールドキリムの展示会は10/19㊍~10/29㊐です
こちらもよろしくお願いします (o^―^o)

ariana

手織りキリム・絨毯専門店+ハンドクラフトショップ・ギャラリー
不定期にハンドクラフトやアートの展示会、ワークショップを開催してます
Ariana Kilim&Art Gallery
930-0966 富山県富山市石金1-10-1
☎076-491-3465
E-mail:arianakilim@gmail.com