新入荷キリムのご案内④ 〔Kurd Kilim〕

キリム・絨毯など
04 /29 2017
今回はKurd Kilim(クルド キリム)をご紹介します。

photo_2017-04-28_15-47-08.jpg

イラン北東部に住むクルド民族の織るキリムです。

平織のベースの上に、いろんなモチーフの刺繍を施してあるのが特長です。
こちらのキリムは全面に刺繍を施していますが、ボーダーに刺繍を施し、中心部はポツン、ポツンとモチーフがあるものもあります。
動物や人と分かる愛らしいモチーフが入っているものもあり、遊牧民の暮らしを感じられる、キリムらしいキリムだなと思います。

クルドのキリムはアリアナを始めたばかりでまだ少ない枚数のキリムしかなかったころからご紹介している、思い入れのあるキリムです。やわらかな日差しで照らされたクルドキリムを眺めていると、心がほんわかと和みます。

photo_2017-04-28_15-47-00.jpg
全面に施された細かな刺繍

色々なデザインのものがあるのでご興味のある方はショップを覗いてみてください。

メールや電話でのお問い合わせも受け付けてます。
arianakilim@gmail.com
☎076-491-3465

明日4/26(水)は営業いたします

ショップ紹介・お知らせ
04 /25 2017
明日4/26(水)は定休日でお休みの予定にしていましたが、展示会期間中ということで営業することにいたしました。
いつものように10:00~18:00まで営業しています。

水曜日だけがお休みでなかなか来られないという方、ぜひこの機会にお立ち寄りください(^∇^)ノ

新緑がまぶしい季節になってきました。
photo_2017-04-25_12-27-48.jpg

ワークショップ*信玄袋づくり*のお知らせ

イベント情報
04 /23 2017
来月5/11(木)~16(火)には手紡ぎ草木染手織の綿を使った素敵な衣服を毎年アリアナで紹介してくださっている「SOW ナラサキシノブ」さんの綿衣展を開催する予定です。

会期中には、恒例のチクチク楽しく手縫いでつくるワークショップも催します。
今年作るのは「信玄袋」です。

信玄袋とは何ぞや、という方へ
 デジタル大辞泉 - 信玄袋の用語解説 - 布製平底の手提げ袋で、口をひもで締めるように したもの。明治中期以降から流行。名の由来は 未詳。
 だそうです。武田信玄さんに由来しているのかと思ったら、そういうわけでもないのでしょうか。

こちらも、ナラサキさんが提供してくださる草木染手織のラオス綿でつくります。紐を長くすればお洒落なポシェットにもなるし、そのままバッグインバッグにもなります。
財布や化粧ポーチなど必ず持って出かけるものを入れて、そのままポシェットとしてポンともって出かけることもできるし、丸ごと別のバッグに入れて出かけることもできます。移し替える手間がないのがよいですね。素材の質感が良いので見た目もきれいなのが嬉しいです。
昔からつかわれている形って結構合理的というか実用的なものが多いですよね。

手芸は得意という方も、長い間針など持ったことがないという方も、アリアナで楽しく一緒に信玄袋をつくりませんか。

今年の母の日は5/14(日)なので、この信玄袋にカーネーションを添えてお母さんに贈るのもおススメです。
男性からお母さまに、というのも手作りで真心がこもっていて、とても嬉しい贈り物になりますよ(^▽^)/

ご予約・お問い合わせはお電話・メールで承っています!
☎076-491-3465 E-mail:arianakilim@gmail.com


ナラサキシノブさんと一緒に
バッグインバッグ・ポシェットにもなる
お洒落な*信玄袋*をつくりましょう!

5月11日(木)、12日(金)13:30開始
草木染手織りのラオスの綿を使用。紐を長めにするとポシェットに、裏付きでリバーシブルでも楽しめます。
講習費:¥3,500(材料費込) 所用時間:3時間程度
道具はご用意しますが、ご自分で使いやすい道具があればご持参下さい。(定員:各日5名)


image1.jpg

〈写真とクラフトでつづるペルシアの眺め〉本日から開催です

イベント情報
04 /20 2017
〈写真とクラフトでつづるペルシアの眺め〉
4/20(木)~30(日) 〔4/26(水)定休日〕

本日から開催です。

persianagame2017.jpg

こういったかたちの展示会を催すのは今回が初めてなのですが、40数枚の写真を展示するのがこんなにも難しいものだとは思いませんでした。あーでもない、こーでもないと迷いながら、展示をしてみて、でもどうしても何か足りないような気がして、朝になってやっぱりこうしよう、と思ったり。
いつもアリアナで展示会をしてくださっている作家さんたちは、短い時間の間に搬入、ディスプレイをしてくださっていますが、今更ながらその苦労がちょっとわかった気がします。

DSC_0442.jpg

花を活けて、イランの音楽を流して、バラの香りのチャイを準備して、チャイハネ(ティーハウス)でのんびりする雰囲気も味わっていただけたらなと思っています。

積極的にこういう形で店主の故郷をご紹介するのは初めてなのですが、写真につけたキャプションだけでなく、声をかけてくだされば、いろんなお話もさせていただきたいなと思ってます。
「イランってどんな国」って感じで、気軽に覗いてみてくだされば幸いです。

DSC_0439.jpg

料理の話なら、明日の朝までしゃべりそうな店主です。

DSC_0440.jpg

イランの高名な詩人ハーフェズの詩は、生きることへのメッセージに満ちていて、何気なく開いたページに書かれていることが胸に響いたりします。

次のイベントは「写真とクラフトでつづるペルシアの眺め」です

ショップ紹介・お知らせ
04 /17 2017
photo_2017-04-17_15-35-12.jpg

本日は、今週の木曜日(20日)から始まる「写真とクラフトでつづるペルシアの眺め」というイベントの案内を送付させていただきました。
せっかくイランへ行く機会があるのであれば、現在のイランのようすをチラッとでもご覧いただく場を設けてみたいなと思い、このイベントを企画しました。
勿論私たちは写真のプロではないので、芸術的な写真などではなく、かといって、文化の違いをことさら強調して興味を引くために撮ったものでもなく、半分旅行者であり半分現地人でもあるものの視点からとった普通の暮らしと言うか、そういったものの写真が主です。
オモシロいと感じていただけるかはあまり自信がないのですが、「へえ、こんなものがあるんだ。」とか、「えっ、雪が降るんだ」とか、そんな小さな目から鱗みたいなものがあると嬉しいなと思います。
故郷のテヘランのあれこれと、小旅行で訪れた街の写真。昨日やっとキャプションの準備も終わりました。

イランに関する本なども手に取っていただけたらなと思っています。

店内のディスプレイは、いつもより、あちらの雰囲気を感じて楽しんでいただくにはどうしたらよいかなと、思案中です。

「写真とクラフトでつづるペルシアの眺め」
4/20(木)~30(日) 4/26(水)定休日


新入荷キリムのご紹介 〔番外編①ソルトバッグ〕

キリム・絨毯など
04 /14 2017
今回は新入荷キリムの番外編ということで、ソルトバッグ(塩袋・ナマックダン)のご紹介です。
名前のとおりナマック(塩)を入れる袋です。遊牧生活で、テントから離れて山に登ったりあちこち行ったりするときに、人間も家畜も塩不足にならないように、持ち運びしやすいように作られています。夏に塩飴を舐める感じでしょうか。
口の部分が細長くなっているのでその部分を折り曲げてふたにします。

photo_2017-04-14_11-27-44.jpg

びっしりとすき間なく細かな刺繍を施すのは、補強のためでもあるのでしょうか。
美しく飾った生活必需品をつくるというのは、勿論遊牧生活で無駄な飾り物などを持ち歩くことができないからかもしれませんが、最も無駄のないアートの楽しみ方だなと思います。豊かな生活ですね。

photo_2017-04-14_11-27-48.jpg

よく使い込まれたものですが、とても良い状態で残っていて、程よい味わいを醸し出しています。

photo_2017-04-14_11-27-54.jpg

今回は、塩袋や遊牧民が腕にかけて使うバッグなども良いものがたくさん見つかりましたので、入荷しています。

次のアリアナでの展示会ではこの塩袋たちもたくさん飾ってご覧いただきたいと思っています。

「写真とクラフトでつづるペルシアの眺め」 
4/20(木)~30(日)

アリアナで開催します。
詳しくはホームページをご覧ください
アリアナのホームページ



新入荷キリムのご紹介③ 〔Kalat Kilim〕

キリム・絨毯など
04 /09 2017
新入荷したキリムのご紹介第3回目です。

今回ご紹介するのはKalat Kilimです。

イラン北東部にあるKalat村で織られているこのキリム。Kalat村は昔遊牧生活をしていた人たちが定住してできた村だそうです。

従来アリアナで扱っていたKalatキリムはオレンジや赤をベースにしたものが多く、とても人気が高かったものです。
稀に青系もありました。

photo_2017-04-09_09-55-59.jpg

今回新入荷したものは、ベースが染色をしていないナチュラルカラーのウールです。

photo_2017-04-09_10-00-50.jpg
Kalat runner kilim

平織でベースを織りながら、別の色の糸を織り込んでいくことで、模様を浮き出させています。
photo_2017-04-09_09-55-42.jpg
こちらは裏から見たものです。

ウールの自然そのままの色に、水や空の色、若葉の色や大地の色が織り込まれた優しい雰囲気の一枚です。

アリアナが扱う他のキリムと同様、素材も染料も自然のもので、大切な日常の暮らしに安心して取り入れていただけます。
ラナー以外にもいろんなサイズがあります。

メールや電話でのお問い合わせも受け付けてます。
arianakilim@gmail.com
☎076-491-3465






新入荷キリムのご紹介② 〔Shiraz Kilim〕

キリム・絨毯など
04 /02 2017
新入荷したキリムのご紹介、第2回目はシーラーズ・キリムです。

photo_2017-04-02_15-23-52.jpg

モダンなインテリアにもよく似合うシーラーズ・キリム。
天然草木染はもちろんなのですが、今回やってきたものは、色合いが特にやわらかなトーンで、カラフルであり、かつ優しい雰囲気を醸し出してます。

photo_2017-04-02_15-23-59.jpg

ほかにも何枚も入荷していますが、それぞれにデザインや色合いが違うので、ご興味がある方はぜひお早めに。
メールや電話でのお問い合わせも受け付けてます。
arianakilim@gmail.com
☎076-491-3465

ariana

手織りキリム・絨毯専門店+ハンドクラフトショップ・ギャラリー
不定期にハンドクラフトやアートの展示会、ワークショップを開催してます
Ariana Kilim&Art Gallery
930-0966 富山県富山市石金1-10-1
☎076-491-3465
E-mail:arianakilim@gmail.com