「藍染工房野風・八巻秀夫作品展」始まりました

イベント情報
05 /28 2015
本日より、「藍染工房野風・八巻秀夫作品展」始まりました。

八巻秀夫さんの作品展は2011年から毎年行っていて、今年でもう5回目になります。

11310935_947955598559061_685484273_n.jpg

毎回清々しい藍の色で店内が満たされると、幸せな気持ちになります。

八巻さんは宮城県丸森市で、化学薬品、合成藍などを一切使用しない日本古来の伝統的な藍染め技法「天然灰汁発酵建て」の中でも特に難しいとされる「地獄建て」と呼ばれる技法で宇宙の広がりを感じさせる独特の世界観を作品の中で表現しています。

11347664_947581275263160_758038560_o.jpg

眺めていると、宇宙が奏でる音楽が、心の琴線と共鳴するような、心地よい感覚

11281563_947606215260666_869128121_o.jpg

衣類や小物もたくさん展示しています。
深みのある藍と布地の鮮やかな白とのコントラストが美しく、身に付けると幸せな気分でいっぱいになります。
藍は防虫効果がある、などということですが、そういう予備知識がなくても、身に付けると自然に優しく守られている感じがします。
良いものを、大切に、長く使う、という昔から日本人が持っていた習慣が、いっぺんには無理でも、少しずつ見直されてくるといいなと、このような作品に触れると、思わずにはいられません

11335714_947585211929433_1844396444_o.jpg

それにしても、地球がくれた贈り物というか、自然からくるものは、ため息が出る美しさです
感謝して、大切にしていきたいです

「藍染工房野風・八巻秀夫作品展」
5月28日(木)~6月6日(土)
10:00~19:00


明日からはワークショップもやってます。
毎年たくさんの方が、お気に入りの服を持ち込んで、素敵な作品を作っていってくださいます。
新しい服でも、前から持っていて、気に入ってるけど、ちょっと染め直したいというものでも、どちらでもOKです
服がリニューアルされるのって、すごくワクワクしますよ
ぜひご参加ください

藍染めワークショップ 5月29日(金)~6月6日(土)
【ワークショップ・スケジュール】
第1部 バンダナ制作   10:00~12:00 ・・・・・・・・・・・・・・・・¥2,500 
第2部 風呂敷絞染め講習 13:00~16:30 ・・・・・・・・・・・・・・¥7,800 
第3部 フリータイム   18:00~20:30  
ストール・Tシャツ・ブラウス等染めたいものを持ち込みで自由に染めていただけます。染代は大きさ、色の濃さ等により変わります。(Tシャツで¥5,000前後)
※準備の都合上、予約時に持ち込み品を申告してくださるようお願いいたします
【服装・持ち物】汚れても構わない服装かエプロンをご持参ください
※同時開催の藍染工房野風・八巻秀夫作品展で展示・販売する作品は「阿波藍の天然灰汁発酵建て」ですが、ワークショップでは「インド藍の化学建て」を染液に使用します
◆お問い合わせ、ご予約はアリアナへ

西陣テラさんにお嫁入り

日々の出来事など
05 /18 2015
ギャラリーテラさんでの展示会が終了してはや3日が経ちました。

今回は台風の影響も受けましたが(まさか台風だったとは、通り過ぎるまで知りませんでしたが)、おおむね良い天気で、とても楽しい展示会をさせていただけました。

テラさんの常連のお客様、アリアナが関西で展示会を始めてから10年以上展示会に来てくださるお客さま、愛宕山登山の際にたまたま立ち寄ってくださったお客様など、今回も素晴らしい再会・出会いがたくさんの展示会となりました。

ご来場くださった皆様、本当にありがとうございました。

今回、西陣にあるテラさんの竹紙専門店にお嫁入りしたバルーチキリムです。
11242330_942204699134151_63780119_o(2).jpg

西陣テラさんは、日本唯一の竹紙専門店です。
西陣と言えば、西陣織をまず思い浮かべるのですが、実際に西陣テラさんのご近所には現在も家内工業で機織りをしているお宅も多いそうです。
西陣テラさんの所在地は平安時代に平安京の図書寮があったところだそうです。大昔のことなので、その関係のものは残っていないのかもしれませんが、西陣テラさんは、これぞ本物の「京都の町屋」、と感激してしまう建物です。
そんなところにお嫁入りできた「バルーチさん」は幸せ者です。

西陣テラさんにご興味のある方は、是非こちらのサイトをご覧ください
西陣テラさん

アリアナの次のイベントは藍染工房野風さんの展示会です

お客様のお手製バッグ

日々の出来事など
05 /12 2015
11263760_939455916075696_5056269_n.jpg

昨日滋賀県から、電車とバスを乗り継いでギャラリーテラ清滝での展示会にご来場くださったお客様のバッグです。
テラさんが寺町にあったころからのお客様だそうですが、去年アリアナがキリム展を催した時に、久々に訪れてくださったそうです。
昨年の展示会ではジャジム織をご購入していただきましたが、今回はその布でお作りになったバッグを持ってきてくださいました。

アリアナがご紹介したものを大切に使ってくださり、また1年後にそれを持って訪ねてきてくださる。
こんな素敵な方々との出会い、そして心をこめて丁寧に作られた素晴らしいものとの出会い、そしてそんな人とものとを繋ぐこと。
こんな素敵な出会いのために、この仕事をしているのだと思える嬉しい出来事でした。
はるばる清滝までご来場くださるすべてのお客様と、こんな機会を与えてくださったテラさんに感謝です。

11245430_939457452742209_194602608_n.jpg

温かい日だったので、自家製ミントジュースでおもてなしです。
さすがテラさん。グラスが素敵

富山の店でもそろそろお出ししたくなるような陽気です

テラさんのご近所の美味しいお店

日々の出来事など
05 /10 2015
今回の京都・清滝、ギャラリーテラさんでの展示会では、サモワールで淹れたお茶と一緒に「ゴッタブ」というイランのお菓子をお出ししています。
「ゴッタブ」なんて、あんまり響きが美味しそうではない・・・と感じますが(そう感じるのは私だけかもしれませんが・・・)、このお菓子、なかなか評判が良いのです。

11225773_938441876177100_449546051_n.jpg

イランで何度か食べたことがあったものを、英語で書いてあるレシピを見ながら再現してみたものですが、結構レシピも不親切というか曖昧だったので、試行錯誤を繰り返し、何とか作れるようになったというものです。

試行錯誤を繰り返しているうちに、オリジナルとはずいぶん違うものになっている可能性もアリですが、まあ、それもアリかなと。

今までいろんなところで作ったり店でお出ししたりしたことがありますが、評判は上々です。

もう、5年ぶりくらい(いや、もっとかな・・・・)に作ったのですが、前のレシピの問題点を発見して改善したので、もっと作りやすくなりました。
これからは、アリアナのワークショップのお菓子はできるだけ、これにしたいなと思っています。(ただの焼き菓子よりは手間がかかるので、できるかどうかは分かりませんが)

さて、こちらの写真は店主が昨日食べた「うどん」。
11245449_938471802840774_1458122010_n.jpg

11198830_938471789507442_989342289_n.jpg

テラさんのすぐご近所にあるお店なのです。3年前に旅行でテラさんを訪ねたとき、何となくおなかが減ったので寄ってみたお店です。シーズンオフだったので、あんまりいろいろ用意しておられなかったのか、あれもない、これもない、でちょっとがっかりしながら注文の品が出てくるのを待っていましたが、かろうじてあった品をいただいてみると・・・なんとも上品なお味で、何杯もおかわりして食べたくなる、とても美味しいお店でした。

うろ覚えなのですが、お店の方は、どこかのお寺で作っている味を教えてもらわれたとか・・・間違ってたらごめんなさい

とにかく美味しいのです。

11256518_938471749507446_2087177257_n.jpg

こちらはぜんざい。次回は絶対こちらも試してみたい。

お店のお名前は失念してしましましたが、とにかく清滝のテラさんのすぐそばです
清浄な空気を吸って、川のせせらぎを聞きながら、こんなおいしいものを食べると、心も身体もきれいになること請け合いです

明日から京都・清滝でキリム展です

イベント情報
05 /08 2015
明日から京都・清滝にあるギャラリーテラさんでキリム展です。

テラさんには、京都市寺町にギャラリーがあったころからお世話になっていますが、清滝に移られてからはこれで2回目です。

11255441_937746919579929_275823127_o.jpg

3年前に旅行で京都に行ったときに、初めて清滝を訪れて、ただ自然豊かな場所とは違う、その深閑とした雰囲気に驚きました。あの、騒がしい観光地となっている嵐山からほんのちょっとのところに、こんな場所があるとは・・・
川のせせらぎの音も、独特の深みを感じました。

また、トンネルを抜けたところにあるのが良いのです。違う世界に迷い込んでしまったような・・・

11208763_937787946242493_207698139_n.jpg

テラさんの前にはこんなポストがあったりして・・・やっぱりタイムスリップしてた???

11245229_937787929575828_1924815104_n.jpg

テラギャラリーは臙脂色の壁が趣ある古民家です。
落ち着いた風情が清滝の雰囲気によく溶け込んでいます。中にある薪ストーブと、おくどさんと呼ばれるかまどで燃える火を眺めながら、ずーと座っていたくなる、心癒される空間です。
テラさんは、
「清滝テラは、単なる展示会用のギャラリーにとどまらず、人と自然がうまくつきあっていく道を模索し、暮らしの中から五感を通して衣食住を楽しむための場として、皆様とともにいろいろに活用していきたい・・・」
とサイトの中で書いておられますが、今回の展示会では、アリアナもキリムを通じて自然素材と「住」を楽しむことを提案させていただけたら嬉しいと思っています。

11254685_937789802908974_225199200_o.jpg

それにしてもテラギャラリーにはキリムがよく似合います。
改めて、古き良き時代の日本家屋とキリムの良さを再発見。

11072994_894880017199955_824632895_n.jpg

11051297_894879860533304_1185470765_n.jpg

今回は、テラさんの小さな掘り出し物も一緒に展示されます。

お茶菓子として、手作りイラン菓子「ゴッタブ」もご用意いたしました。名前はちょっと「ごつい」感じですが、さっくりした生地の中にほんのり甘いクルミを包んだ優しいお菓子です。(数に限りがありますので、ご提供できなかったときはご容赦ください)

それでは、爽やかな5月の清滝にぜひお出かけください

テラさんのサイトはこちらです





ariana

手織りキリム・絨毯専門店+ハンドクラフトショップ・ギャラリー
不定期にハンドクラフトやアートの展示会、ワークショップを開催してます
Ariana Kilim&Art Gallery
930-0966 富山県富山市石金1-10-1
☎076-491-3465
E-mail:arianakilim@gmail.com