FC2ブログ

この春入荷したキリムのご紹介

キリム・絨毯など
04 /17 2018
気温が乱高下したり、台風かと思うような暴風が吹き荒れたり。
3月の終わりから4月の前半はバタバタと気ぜわしいのと天候不順が重なって、心にも身体にもちょっと辛い時期でしたが、気がつけば桜の木がすっかり葉っぱに覆われている今日この頃、やっと人心地付いたような感じです。
2年ほど前に作った店横の花壇も、ほんの1カ月前までは寂しい感じだったのが、今は次々と花が咲いています。
基本、植えっぱなしで毎年出てくるようなのが好きなので、あれ、こんなの植えてたっけ、っていうのが多いです。

さて、今週の金曜日から、「暮らしの焼もの 暮らしの織もの」という展示会を開催します。
お気に入りの一点ものの作品を普段使いでとり入れて、当たり前の日常をほんのり楽しい時間にしてほしい、というのが今回のテーマです。3人の焼きもの作家さんの作品と、木工作家さんの作品を展示します。
併せて、先日新しく入荷したキリムもご紹介します。敷物に使われることが多いキリムですが、今回はタペストリーやテーブルセンターなどとしても使って頂けるような、そんなキリムを中心に集めました。床に敷けば部屋の一角に特別なコーナーができあがります。

photo_2018-04-17_12-01-04.jpg
Zabol Kilim(Old)

photo_2018-04-17_12-01-11.jpg
Azari Sumak Kilim(Old)

photo_2018-04-17_12-01-09.jpg
Azari Sumak Kilim(Old)

眺めているだけで、心華やぐ逸品ぞろいです。




暮らしの焼もの 暮らしの織もの 2018 4/20㊎~4/30㊊
 焼きもの 山口善生さん 前澤陽彦さん 高辻あいさん
 木工 麻生知香子さん
 織ものこの春入荷したオールドキリムなど
 
 丁寧に手づくりされたものを日常的に使い込む
 そんな楽しみを暮らしに取り入れてみませんか




Ariana Kilim & Art Gallery
アリアナ キリム&アート ギャラリー

富山市石金1-10-1
TEL(076)491-3465、携帯090-4683-3919
http://www.ariana-kilim.com/
E-mail:arianakilim@gmail.com
OPEN 10:00~18:00 水曜定休
取り扱いアイテム:手織キリム・手織絨毯・ギャッベ・キリムバッグ・キリムクッション・作家さんたちのハンドクラフト(陶器・ガラス等)








大きめサイズのギャッベを新入荷しました

キリム・絨毯など
02 /04 2018
リビングなどに敷くのにちょうどよいサイズのギャッベを新入荷しました。

photo_2018-02-04_12-55-50.jpg

こちらは柔らかなグリーン系の色が混じりあっているとても美しい一枚です。

同系色の色でまとめられていて、シンプルな模様のギャッベは、染の美しさが引き立ち、また飽きが来ないです。

ほかにも赤系やインディゴブルー系、イエロー系などが入ってきています。



Ariana Kilim & Art Gallery
アリアナ キリム&アート ギャラリー
富山市石金1-10-1
TEL(076)491-3465、携帯090-4683-3919
http://www.ariana-kilim.com/
E-mail:arianakilim@gmail.com
OPEN 10:00~18:00 水曜定休
取り扱いアイテム:手織キリム・手織絨毯・ギャッベ・キリムバッグ・キリムクッション・作家さんたちのハンドクラフト(陶器・ガラス等)

取り扱いアイテムをご紹介するインスタページができました

キリム・絨毯など
01 /17 2018
アリアナの取り扱うキリムや絨毯などのアイテムをカタログのように見ていただけるインスタのページをつくりました。

arianainsta.png

インスタ上でご紹介しているのはほんの一部ですが、どんなアイテムがあるのかチェックしていただけます。
メールやメッセンジャーからのお問い合わせも受け付けてます。
ログインしなくても見られるので、ご興味のある方、ご来店前にどんなアイテムがあるかチェックしたい方、ぜひ覗いてみてください。


Ariana Kilim & Art Gallery
アリアナ キリム&アート ギャラリー
富山市石金1-10-1
TEL(076)491-3465、携帯090-4683-3919
http://www.ariana-kilim.com/
E-mail:arianakilim@gmail.com
OPEN 10:00~18:00 水曜定休
取り扱いアイテム:手織キリム・手織絨毯・ギャッベ・キリムバッグ・キリムクッション・作家さんたちのハンドクラフト(陶器・ガラス等)

今時だと、ビンテージでしょうか

キリム・絨毯など
11 /17 2017
 先月はオールドキリムの魅力をご紹介するフェアを開催していました。
 同じように織られたキリムでも、その後辿った時間によって、それぞれ違った個性が出てきます。
 最近は、特に若いお客様でオールドキリムに興味を持ってくださる方が増えてきて、とても嬉しいです。

 使い込まれた味わいの良さを感じてくださる方が増えてきたというのは、豊かな感性を持った若い方が増えてきているということではないかと思います。オールドと言っていますが、今時の言葉で言うと「ビンテージ」でしょうか。知恵蔵によると「年代もののこと。ただ古いだけでなく、年月を経て程良く味わいがでたものを指す」ということで、本来は当たり年の上質のワインのことだそうです。

 年月を経た程よい味わいというのは、まさに上質のオールドキリムに当てはまります。

 photo_2017-11-16_19-18-35.jpg
 こちらが新築のお宅に敷いていただいたクルドのオールドキリムです。
 
 キリムと一緒に、温かで優しい時間を刻んでいっていただきたいです。

 こちらは同じオリジンのオールドキリムです。良く熟成されています(o^―^o)
photo_2017-08-01_12-31-52.jpg

キリムのご紹介⑤ 〔Kamo Sofreh〕

キリム・絨毯など
08 /12 2017
キリムのご紹介⑤
カモのソフレです。
イランの北東部にあるホラサーン州のカモという村で織られているソフレと呼ばれる種類のキリムです。
このほぼ真四角のソフレはkorsiと呼ばれるイランの「コタツ」の上に掛けていたものです。

因みに、イランに炬燵があるの~という感じなのですが、日本の炬燵の起源はイランだという話もあります(真偽のほどは定かではありませんが)

photo_2017-08-12_22-04-57.jpg

ベースになっている茶色の部分はラクダのウール、上下の刺繍の部分は羊のウールです。
ラクダのウールは染めていない自然の色です。ラクダのウールの色に濃淡があって、グラデーションのようになっているのが魅力的です。

サイズ:129×119㎝

キリムの素朴な良さをかんじていただける一枚です。



アリアナでは色々なデザインのキリム・ノマディック絨毯・クッションカバー・キリム製品などを扱っています。
ご興味のある方はショップを覗いてみてください。

メールや電話でのお問い合わせも受け付けてます。
arianakilim@gmail.com
☎076-491-3465



ariana

手織りキリム・絨毯専門店+ハンドクラフトショップ・ギャラリー
不定期にハンドクラフトやアートの展示会、ワークショップを開催してます
Ariana Kilim&Art Gallery
930-0966 富山県富山市石金1-10-1
☎076-491-3465
E-mail:arianakilim@gmail.com